将棋ソフト、反則負けで2連敗

 プロ棋士とコンピューターソフトによる5対5の対抗戦「将棋電王戦FINAL」の第2局が21日、高知市の高知城で行われ、コンピューターソフトの「Selene(セレネ)」が89手で反則負けし、永瀬拓矢六段(22)が勝利。プロ棋士側が開幕から2連勝を飾りました。

 反則負けとは前代未聞ですが、発生したのは終盤戦の88手目。永瀬六段は、成れる角をあえて成らずに、2七角不成という奇手で王手。ところが、ソフトは「成らず」に対応出来ていなかったため、この手を認識できず、王手を放置する別の手を示して反則となってしまいました。

 永瀬六段は事前の練習でソフトの欠陥を見抜き、本番でこの手を狙ってきたようです。しかし、立会人の三浦弘行九段は「局面自体も永瀬六段の勝ち」と説明。反則負けがなくても永瀬六段の勝利である事を示唆しました。

 成らずに対応できず王手を放置、とは、コンピューターの限界を見せつける興味深い一戦でした。少なくとも人間であれば、永瀬六段より遙かに格下の棋士であっても反則負けはないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です