ワールドカップの最高の瞬間

 ロンドンで国際統括団体ワールドラグビーの年間表彰式が1日に開かれ、新設された「ワールドカップの最高の瞬間」に、イングランド大会で日本が南アフリカを破った試合が選ばれました。

 国際統括団体ワールドラグビーがフェイスブックと提携し、500万人以上のファン投票を行った結果、2003年大会決勝など4候補の中から1位に選出されたものです。この試合はワールドカップ過去2回優勝の強豪国、南アフリカを日本が試合終了間際の逆転トライで破り、史上最大の番狂わせと賞賛されていました。

 また、ラグビー日本代表FB五郎丸歩(ヤマハ発動機 29)が、イングランド大会のドリームチーム(ベストフィフティーン)に日本人として初めて選出されました。五郎丸選手は「日本のラグビーが認められた証拠」と、喜びを語りました。

 日本ラグビーに新たな勲章です。一連のワールドカップ報道で、ラグビーと言うスポーツの知名度は一気に高まりました。しかも、次回のワールドカップは東京大会。その結果次第では、一気にプロ野球やJリーグに次ぐ人気スポーツとなる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です