Sam Powell

Just another WordPress site

桂歌丸が再入院

 落語家の桂歌丸(79)が27日、上腸間膜動脈症候群(十二指腸狭窄症)の治療のため再入院したそうです。

 直筆署名入りFAXで発表したもので、治療法や入院期間は今後検査して決めると言うことで、当分の間仕事は休養、復帰時期は未定とのことです。

 桂歌丸は、日本テレビ系列で1966年から放送されている「笑点」に初回から出演している最後の出演者でした。しかし、昨年6月1日に背部褥瘡(いわゆる床ずれ)の手術を受けるため入院。同月9日に退院しましたが、体調が悪化して同月14日に再入院。その後腸閉塞と診断されて治療を受け、同年7月11日に退院するなどして、笑点の出演も休みがちになっていました。そのため、体力の限界を理由に今年5月23日の同番組生放送スペシャルを最後に同番組を引退しています。

 こう言う事言っちゃいけないんでしょうが、症状が再発しているようで嫌な感じです。見た目にも衰えが明らかですし、暫く休んだ方が良いんじゃ無いでしょうか?。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です